楽譜を検索

オーケストラ譜Q&A

お願い


♪お問い合わせのメールに件名が入っていない場合、迷惑メールと間違えて削除してしまうことがありますので、件名を必ず入れて下さい。
また、いただいたお問い合わせに一週間経っても返事が行かない場合は、ご面倒ですが再度メールをお送り下さい♪楽譜配送指定日は一週間以内でお願いします。
♪ご注文の前に利用案内 をご覧ください。

 
魅力的な演奏をするために
TOP > 魅力的な演奏をするために
             
 

ピアノは同じ楽譜を見て弾いても、演奏者によって違って聴こえます。こちらでは、魅力的な演奏をするためのポイントについてご紹介しております。

表現力を磨く

楽譜には、フォルテッシモやピアニッシモなど表現を豊かにするための様々な単語や記号が記されています。このような単語や記号は、音量・速度・雰囲気・曲調・弾き方などを示します。

楽譜にある単語や記号をどのように表現するかは、演奏者次第です。自分なりに表現する事で、他にはないすてきな演奏が実現出来るでしょう。楽譜に記された音を正しく弾くだけではなく、体の動きや表情などで音楽のイメージをより豊かに表現する事が出来ます。

曲のイメージをもつ

楽譜通りに弾いただけの演奏では、物足りなさを感じる事もあるでしょう。楽譜通りの演奏に豊かな表現が加わる事で、同じ楽譜でも全く異なる演奏になります。聴いている人は耳から演奏を聴く事はもちろんのこと、目で見た情報も演奏の一部として捉えます。

そのため、乏しい表情で演奏をするよりも表現豊かに演奏する事が大切です。演奏前にきちんと曲のイメージをもつと、豊かな表現力を引き出す事が出来るでしょう。

個性を出す

楽譜に記された単語や記号を、自分なりに解釈・判断し表現する事で演奏に違いが生まれます。このように個性を出す事で、1つの楽譜から様々な演奏が楽しめます。

クラシック譜や輸入楽譜レア楽譜など様々な楽譜を購入し、個性が生きた演奏を楽しんでみませんか。普段のレッスンから個性を出す事を意識すると、曲を表現するテクニックを身につける事が出来るでしょう。

輸入楽譜やクラシック楽譜を購入するなら、是非カマクラムジカをご利用下さい。弦楽器・木管楽器・金管楽器・ピアノなど、様々な楽器の楽譜やポケットスコアなどの楽譜もご用意しております。

購入したい輸入楽譜やクラシック楽譜、ピアノ楽譜がありましたら世界中から迅速に探し出しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。